- 2017/10/06(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『お!バカんす家族』です。


原題は「Vacation」。
「「ハングオーバー!」シリーズのエド・ヘルムズ主演によるコメディ。
パイロットのラスティは、家族生活のマンネリを解消すべく
妻とふたりの息子を連れてバカンスへ。アメリカ大陸横断の車の旅を決行するが、
故障やガス欠などストレスは募るばかりで…」

面白かったです。
「ハングオーバー!」とまでは行かないまでも、なかなかはっちゃけてて良かった。
自称ハイテクのレンタカーが良かった(笑)
意味のわからないボタンだらけの所は、卑怯だが絶対笑ってしまう☆

「I have a vagina」
また1つ余計な知識が増えてしまった(笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/10/05(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~』です。


「西部劇コメディ。西部開拓時代のアリゾナで暮らす羊飼い・アルバートは、
決闘を挑まれても逃げ出してしまう地味なオタク。
ある日、彼は射撃の腕が立つミステリアスな美女・アナと恋に落ちるが…」

面白かったと思います。
洋画のコメディって基本下ネタ大好きですけど、ウンコも好きですよね(苦笑)

アルバートの両親がイカれてて面白かった。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/10/04(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『ドム・ヘミングウェイ』です。


「ジュード・ロウが中年ギャングを演じたクライムコメディ。
ボスの代わりに12年間の刑期を終えて金庫破りのドム・ヘミングウェイが出所。
彼は報酬の大金を奪われ、娘・イヴリンの下へ転がり込むが…」

面白くは無かった。
説明文に「彼は報酬の大金を奪われ、娘・イヴリンの下へ転がり込むが…」とあるので
12年間離れていた父娘の絆を再生するのに四苦八苦するコメディかと思ったら
娘の所に転がり込むまで結構な時間費やしますし、
そもそも父娘の絆を再生するのに四苦八苦する話でもない。

キレやすい親父が金欲しさに暴れまくるだけの映画です。
そして「え?ここで終わり!?」という感じで終わります。

思わず「タイムバー」ボタンを押して再生時間を確認してしまった程(笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/10/03(Tue) -
映画を見て来ました。


「ダンケルク」です。


もちっと早めに見に行きたかったんですけど都合がつかなくて本日に。

戦争映画って事と第二次世界大戦のダンケルク大撤退が
描かれているという事くらいしか頭に入れずに見たのである意味新鮮。
あとクリストファー・ノーラン監督で、CGを使わないとかそのくらい。

寝る気は毛頭無いですけど、寝させる気のない爆撃音に驚いた(笑)


トミーというダンケルクから逃げようとする兵士と、
小型船で民間人として救出に向かうドーソンというおじさんと
戦闘機に乗りドイツ空軍と戦うパイロットの3人視点で描かれている。

「地味」と言うと語弊があるんですが、
全体的に台詞が少ない感じで雰囲気で感じ取れ!と言われてる感。

ドーソンさんとパイロットはわかるんですけど、
トミー以外の兵士がほとんど同じ格好で薄汚れているのし
他の兵士の描写も映るので、時々映っていても「誰?」となる事しばし(苦笑)


「24」みたいに同じ時間軸で動いてない?
ダンケルクでは夜襲の様子が描かれているのに、
船のドーソンのシーンだと昼間だったり「?」となるシーンが何度か。


あと、確かに大勢の兵士達は映っていましたけど、最後「33万人」と言われると
え?そんなにいた?ってなる感じ(笑)

ドーソンさんとパイロットがカッコイイ☆







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/10/02(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『ホテル・ルワンダ』です。

「94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描いた社会派ドラマ。
悲劇的な状況下のルワンダで、ホテルマン・ポールは
避難民たちをホテルにかくまい始める。国連の平和維持軍も頼りにならない中、
彼は自分の力で家族、避難民たちを守る決意をする」

事実を基にした映画?
面白かったです。
イスラム圏もアレですけど、
アフリカもアレだなーって思わせてくれる映画です。

主人公がなにゆえ、そこまで人を助ける?と思うくらい善い人です。
家族だけ逃して自分だけ残るシーンが熱い。

運転手?助手?の人も、終始反対もせず忠義を尽くしてくれてたんだから
もっとスポット当たるなり絡むシーンあっても良かったのに…(苦笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/10/01(Sun) -
テレ朝 日曜朝の番組が本日から放送時間が変わったとですよ。

生で見るなんてもう何年もしてないんで、
放送時間が変わるのは別にいいっちゃあ、いいんですが。
以前の録り溜めしてたままだったら気付かなかったかもしれません。
予約時間変えたんで
ちゃんと録れているかドキドキ土器でした。

長年プリキュア見たら録画は終わりって習慣だったので、
その後1時間もあると不思議な感覚。

「戦隊とライダー」がそのままプリキュアの後ろに来ると思ってたんで
プリキュア→戦隊→ライダーだと思っていたら
プリキュア→ライダー→戦隊だった。
いいですけど、別に。


あと、(AM10時以降?)画面左上に時刻が表示されないのが、なんか新鮮。
でも時刻を見て「そろそろ終わりか」って感じで把握していたので
若干不便?





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/30(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『マネーモンスター』です。


「ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ主演で贈るサスペンスドラマ。
人気の財テク情報TV番組「マネーモンスター」が生放送中にジャックされた。
犯人は番組の意図的な株の情報操作によって資産を失ったと主張するが…」

ジョージ・クルーニーの映画が見たくなった
検索してら出てきたのがコレで借りてみました。
面白かったです☆

アメリカって株の番組やって「ここの株は買いだね!」って
生放送で出来るの?ってのと
そんな簡単に生放送をジャック出来るの?って疑問はありますが
面白かったのでいいです。


クライマックスの展開が熱くて良いですが、
ラストがアッサリし過ぎてる気がしましたが、まぁいいか(笑)







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/29(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『ホーンティング』です。


「ロバート・ワイズが『たたり』として映画化した原作を、
『ツイスター』のヤン・デ・ボン監督がリメイクしたホラームービー。
建物を生き物のように見せた、ILMによるSFX映像は見所」

…何かのリメイクらしいです。
リメイク元は知りません。
ホラーよりファンタジー寄り?

奇妙な出来事(ポルターガイスト)を体験した主人公が
キチ○イ扱いされるのか…と思ってたら
すぐ皆も奇妙な事を目の当たりにするので、誤解は解けます(笑)

子供の魂が囚われている原因が深く描写されないので
ファンタジー色が強いのかもしれません。
過去、子供が殺られてるシーンとか、子供の幽霊がギャースって感じで出てきたら
ホラー色強かったでしょうね。

映像(セット?)が凄いねー、とは思いますが
そこまで面白いかっつーとそうは思いませんでした。






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/28(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『MAMA』です。


「MAMA」ってタイトルの映画、確かに見た覚えありますよ。
あのミイラみたいな幽霊女が部屋の奥に立っていて、
幼女がこっち向いてニッコリして、またそのミイラ女の方を向くと
もの凄いスピードで襲いかかってくるシーンは有名(?)。

だからこれは、よくある同タイトルの別映画だと思い借りる。
「オメー、これ既に借りた事あるけどいいの?」って表示されなかったし。


2014年に新作で借りて見ていたYo! orz


上記の、もの凄いスピードで襲いかかってくるシーン見るまで
全ッッッッッッッ然、何も思い出せなかった(苦笑)
途中のシーン見てても「スリザー」の時みたいに
「あれ?このシーン見た事あるような…」って事が1度もなかった☆

もの凄いスピードで襲いかかってくるシーン見て
「あれ!?これあのMAMAじゃん!? Σ( ̄□ ̄;」と思う程。

まぁ逆に新鮮に見られてたんで良いっちゃあ良いんですが…(笑)


ラストに関しての感想は、2014年時と同じです。
あんなに女幽霊の成仏の伏線張っておいて、あんなオチ?
ホラー映画らしいっちゃあ、そうですけど。

当時は何も思わなかったのか、触れていませんでしたが、
あの母代わりになろうとする主人公?(の彼女?)と、
心を開いていく姉妹のが良かったですね。
姉妹の良い母親になれたろうに。

ラストあれで終わってますけど、
主人公達の関係者約数名が、女幽霊に殺られてますよね。
彼女らが超常現象をそのまま証言しても取り合ってもらえるとは思えない。
あの後、どうなったのか?と考えると気になります(苦笑)



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/27(Wed) -
そーいや、昨日書いた
VC『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』ですが。

「FF4」プレイしてる時も感じましたけど、
VCってプレイすると普通のゲームの音より音量小さくないですか?
いや以前、他のVCやってる時は感じなかった様な…。
最近大量に追加されたVCから?

3DSの音量を最大にしても、やや大きいかな?程度です。
なので「まるごと保存」しようとすると
「フォン!」って音は大音量になってビビります。


音で知りましたけどSFC版『うしろに立つ少女』は、
学校のどこかのシーンで不気味な音(声?)が聞えるらしい。
美術室の絵が「こっちを見たような…」という追加(?)シーンは見ました。

音が小さいせいか、その場所orシーンで「しばらく放置する?」を
しなかったせいか聞けなかったですよ。

まぁ知らずに聞いていたら、マジでビビってる私が想像出来るので
聞けなくて良いです(苦笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ