- 2018/07/05(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『ザ・ギフト』です。


「執拗に繰り返される“恐怖の贈り物”に翻弄される
若い夫婦の悪夢のような運命を描いたサイコスリラー」

まぁまぁ…。

新居に引っ越し、家具等を買い込んでいる時、
何十年ぶりかに高校の同級生に再会する主人公。
その旧友に再会し、夕食に招待した事から事件は始まった。

その日から、玄関に「贈り物」が置かれるようになる。

ちょいとサイコ入った近所の人に目をつけられ
巻き込まれる夫婦…と書くと聞こえは良いですが
どっちもどっちな話だった(苦笑)

主人公側が巻き込まれたという話なら、主人公に感情移入し
敵側をやっつけろ!的に見られますけど、主人公も充分過ぎるクズだった☆
もうこれで敵側にも同情しちゃう。

むしろラストは…ああじゃない方が良いくらい。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/07/04(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『スルース【探偵】』です。


「傑作ミステリー『探偵<スルース>』を『魔笛』のケネス・ブラナーがリメイク。
初老の推理小説作家・アンドリューと若手俳優・マイロが、
アンドリューの妻を巡って高貴で不健全なゲームを繰り広げる。
マイケル・ケインとジュード・ロウが共演」

リメイクらしいです。
リメイク元の俳優さんが別役で出てるらしいです。

でもリメイクする程の面白さか?
って感じです。
あと「探偵」全く関係なくね?

なんだろう?役者が2人しか出ないで展開するのは凄いと思いますが…
アホな男2人のコントみたいです(苦笑)

「ああ、そうですか」的なオチですし。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/07/03(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『トラッシュ! この街が輝く日まで』です。


「リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督、
『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス脚本によるドラマ。
ゴミを拾って生活している3人の少年は、
ある日ゴミ山の中で財布を拾う。
だが、その財布には重大な秘密が隠されていた」

面白い!!!オススメ!
ゴミを拾って生活している3人の少年とは言え、
チームワークに、頭のひらめきとなかなかに優れてる☆
終始ハラハラドキドキ土器の展開で、飽きません♪

貧民街の少年3人が政治腐敗をひっくり返す展開は燃えますね。


あと、少年の1人の吹き替えが
「あれ?この声どっかで聞いた事あるよなー?」
と思ってたら福圓さんでした。
少年声もイケる☆



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/07/02(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『エグザム』です。


「国籍も年齢も異なる8人の男女が、
たったひとつの雇用枠を賭けて80分間の就職試験に挑む
サバイバル・ブレインサスペンス。
とある有力企業の最終就職試験に残った8人の受験者たち。
試験監督に3つのルールを告げられ、受験者たちが問題用紙を裏返すと…」

面白かったです。
一種の「デスゲーム」的お話。

受験者たちが問題用紙を裏返すと何も書かれていない白紙だった。
問題を見付ける事から始めようと8人は画策する。

1つの部屋で物語は完結しますが
お調子者から調和を乱す者とお決まりのパターンで
ゴチャゴチャしていきます(笑)

しかしデスゲームならまだしも、就職試験という名目で
採用する側が見てるとして、
どう見てもお前は採用しないだろうと言う人が多いです(笑)

結構オススメですが、こいつ怪しいって奴が
案の定CEOだったりするのが、ガッカリな点。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/07/01(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『サスペクト・ゼロ』です。


「サスペンスミステリー。FBI捜査官のマッケルウェイは死体に
奇妙なマークが残された連続殺人事件を担当することに。
やがて、捜査線上に元FBIの男が浮上する」

感想は、あんま面白くなかったです。

「手口を全て変えるシリアルキラー」という殺人鬼を追う…と
「クリミナル・マインド」的お話かとちょっと期待したんですが
劣化「Xファイル」でした。

意味がよーわからん心理描写が多くてゲンナリです。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/06/30(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『エイリアン4』です。


「2470年。あの日から200年後、軍の科学者達によって
リプリーはクローンとして再生する。
しかし、彼らの真の目的はエイリアンの繁殖であり、
その軍事利用だった。実験は成功し、
エイリアンは見事にその「復活」を遂げてしまう…」

「4」です。
クローンで再生するって事は何かで知ってました。
あと、ハシゴを登る辺りの戦闘シーンは見覚えありました。
クリスティーが自ら手綱を切って落ちていくシーンとか。

あと「ニューボーン」?の最期のシーンとか。
これもテレ東ですかねぇ?

個人的には結構好きな感じ。
109分と長さもスッキリしてますし(笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/06/29(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『エイリアン3』です。


「謎の異星生物との戦いを描いた、シガーニー・ウィーバー主演の
人気SFホラーシリーズ第3弾。救命艇で宇宙空間を漂っていたリプリーは、
男の囚人だけが生活する流刑惑星に不時着。
その後エイリアンが彼女に襲い掛かり…」

「3」です。
前作であんなに奮闘して助けて「ママ」とまで呼んでくれた女の子が
アッサリ冒頭で死んでます。酷い(笑)

そして「3」は260分あります。長い。
「ベン・ハー」なんて屁じゃないぜ。

ラストの溶鉱炉に落ちる所は知っていました。
なんでだろ?何かで見たのか、それとも聞きかじりか?


リプリー「エイリアンが出たぞー」→
所長「嘘こけ!コイツをつまみ出せ!」
→パックンチョ☆

のコンボ良いですよね♪

つーか3作共リプリーの言う事を
「ウルトラマンA」の北斗並に皆信用してくれないのが悲しい(苦笑)




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/06/28(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『エイリアン2 完全版』です。


「2144年。57年間の冷凍催眠状態から救出されたリプリーは、
音信不通となった殖民惑星・LV-426の調査の為、海兵隊員と共に旅立つ。
そこでリプリーたちが遭遇したのは、
卵を生んで繁殖し続けるエイリアン・クイーンの姿だった…!」

「2」です。完全版です。155分もあります。
昨日も書きましたが、
ホラー映画なんて1時間半前後で丁度いい気がするんですが。

「2」になっても1時間くらい経つまでエイリアン出てきません。
出し惜しみし過ぎ。
それ以外は良かったです。

あと私の記憶にある「エイリアン」は、この「2」でした(笑)
子供がダストシュート(?)に落ちる、下水に居る。
足元の金網を切って助けようとする。
シガーニー・ウィーバーがパワーライザーみたいのに乗って戦うシーン…
等々が記憶にありました。
多分テレ東か何かの記憶です。






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/06/27(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『エイリアン』です。


「2087年。資源を積んで地球に帰還するノストロモ号は、
とある惑星で正体不明の地球外生命体に遭遇。
乗組員の体内に寄生したエイリアンはその腹を食い破って逃走。
船内で次々とエイリアンの餌食になっていく仲間たち。
最後に残された女性乗組員のリプリーは正体不明の生命体を相手に一人闘うことに…」

えーえー、あの「エイリアン」です。
見た事あったっけ?ないか?くらいの記憶だったので、この際見てみる事に。

「1」は見た事なかったですねー。
ドコ見ても、ピンと来るシーンがなかった。
つーか117分もあるのね。
昔の映画ですから仕方ないですけど、
ホラー映画なんて1時間半前後で丁度いい気がするんですが。

1時間くらい経つまでエイリアン出て来ないのも、なんかタルい。

それ以外は良いです(笑)

以前見た『プロメテウス』を彷彿とさせるシーンがあったので
ちょっとニヤリとした。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2018/06/26(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『ヘイフラワーとキルトシュー』です。


「7歳と5歳のキュートな姉妹が周囲の人々と織り成す日常を描いた
ファミリームービー。しっかり者の女の子・ヘイフラワーは、
ジャガイモのことしか頭にないパパと家事ができないママに代わって、
わがまま放題の妹・キルトシューの面倒を見てきたのだが…」

……くっそ映画〜♪

なんでしょう?何で私はこの映画を借りたのだ?
人間ドラマとかファミリームービーで探している時
「関連映画」のDVDが表示されますよね?
あれで飛んで飛んで行き着いたのかもしれません。
で、なんか点数高かったから借りちゃった。みたいな。

私はこの映画を優しい心で見る事は出来ませんでした。
褒めてる人は、仏の心を持っているのでしょう。

まーーーー、久ッ々に映画の登場人物に憤慨しましたわ(笑)

特に、糞妹キルトシューの方。
マジでTVに回し蹴りしたかったくらい。

わがまま、性格ねじれまくり、意地悪。もうホント糞。
そしてヘイフラワーの両親がこれまた毒親。
家事全般出来ず堕落した母、育児に全く関わらない研究狂の父。
そして「お姉ちゃんなんだから優しくしてあげなさい」と糞妹の暴虐の限りを放置。

ヘイフラワーは、もっとキレていい。


つーかあの毒親の元で、
ヘイフラワーが素直で真面目で料理も出来るしっかり者な娘に育ったのかが謎。

全編72分という映画と呼ぶにはちと短いのが唯一の救い。
80分以上あったら私の血管が保たなかったでしょう(笑)

あと内容的にかなり低年齢向けの内容。幼稚。
しかし糞妹に何か天罰的な事があって反省し、
仲直りするみたいな教訓じみた事もない。
なぁなぁで元サヤみたいな感じ。

ヘイフラワーは糞妹にファイナルアトミックバスターしても足りないくらい。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ