- 2018/06/18(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』です。


「『ローマの休日』の真の作者・トランボの苦難と復活の軌跡を
映画化した実録ドラマ。第2次世界大戦後、赤狩りの理不尽な弾圧を
受けて脚本家のトランボは投獄されてしまう。やがて彼は出所するが、
キャリアを断たれたトランボには仕事がなく…」

『ローマの休日』って私見た事ないですけど、その作者さんのお話。
トランボを知らなかったとしても面白かったと思います。
知っていれば、より楽しめるのかも。

映画「ピーターラビット」を見る前に
「ミス・ポター」見ておいた方が良いのと一緒?
つーか今「ピーターラビット」のCMやってますけど、
「ピーターラビット」ってあんなぶっ飛んだウサギのお話なの?と思ってしまう。

「ピーターラビット」って概要は知ってても、本そのものを読んだ事ないんで。
まぁ「ミス・ポター」見ると、ポターさん結構イッてるお御仁ったから
あのCMでも驚かないんですけど(笑)


閑話休題。
トランボさん、仕事に全振りした様なお方ですね。
好きこそものの上手なれを地で行く様なお人。

そーいや、共産主義ってそんなダメな事なんですかね。
日本で言うなら戦後のアメリカかぶれみたいなモノ?



スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3666-b27cff02
| メイン |