- 2018/05/25(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『ロック・ザ・カスバ!』です。


「『レインマン』のバリー・レヴィンソン監督、
ビル・マーレイ、ブルース・ウィリスら共演のエンタテインメント作品。
落ち目の音楽マネージャー・リッチーは、公演先のアフガニスタンで
所属歌手に金もパスポートも盗まれ、武器商人の仕事を手伝うハメに」

アフガニスタンで所属歌手に金と荷物を持ち逃げされて
仕方なく現地の歌が上手い女性をスカウトし
現地のオーディション番組『アフガン・スター』に出場させようと目論む。
ただ、この国は女性が歌う事自体破廉恥とされるお国柄だったわけで…。

エンディングの直前に「○○○(名前忘れた)に捧ぐ」的なコメントが出たので
元ネタがあるのかも?

むかーし「世界まる見え」を観ていた時に、アフガニスタンだったか忘れましたが…
まぁイスラム系の国で、アイドルだかになりたいって
女性のドキュメンタリーをやってたのを観た事があります。

その時も、女性がそんな事するなんてとんでもない!的な風習の国で、
親戚一同の命すら危険があるくらいの事になってました。

映画でもそんな感じの展開。
面白いかどうかはなんか別。

ブルース・ウィリスは「いたの?」的な位置。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3642-96a19c8a
| メイン |