- 2018/03/12(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『コッホ先生と僕らの革命』です。


「ドイツサッカー界の父と言われる人物の実話を映画化した人間ドラマ。
反英感情が根強かった19世紀末のドイツに、
イギリスから初の英語教師として赴任した教師・コッホが
サッカーを通じて生徒たちと心を通い合わせていく」

面白かったです。
感動作。

コッホ先生に心を開き。
クラスがまとまっていく所がなんとも言えない。


贅沢な事を言うなら、
ラストは各キャラのその後も描いてほしかったですねぇ。
台詞だけでも良いかったですから…。
退学になった子は復学できたのか?とか
クビになったメイドとその坊っちゃんの関係とか。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3568-e3db6886
| メイン |