- 2017/10/28(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『プロメテウス』です。


「『エイリアン』の巨匠、リドリー・スコット監督が手掛けたSF大作。
未知の惑星にたどり着いたエリザベスは、
地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにし…」

SFです。アクションです。ジャンルには入ってないですけどホラー的です。
wikiを見ると
「『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、
後にその見解の確定性を弱める発言がなされるようになった」
と、ありました。

それを知らずに見たので
最後の方「え?このクリーチャー、すげーエイリアンに似てね?」と思ったら
「前日譚風」という事で納得。


内容はまぁまぁなんですが、
主役の糞女の吹き替えが「なんか下手だなー…」
と思っていたら声は、当時のゴリ押し暴君ゴーリキーだった…。

この下手クソな吹き替えのせいで、緊張感が半減します。
主役の吹き替え以外は皆上手い声優さん陣だけに悪目立ちする。

字幕が大丈夫な方は字幕をオススメします。
主役の声だけ字幕とか出来たら良いのに…、トップガンとか。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3433-d61ea9af
| メイン |