- 2017/09/18(Mon) -
なんだよ、今日世間様は休日ですか ( ゚д゚)、ペッ

それはさておき、先日の「はだしのゲン」を何十年ぶりかに読破した話です。
世間では結構「トラウマ漫画」みたいな事で挙がる事が多い様ですけど。
まぁ肉が2倍に腫れ上がる、とか、ウジが湧いて痒い、とか、ウミがピュッと飛び出すとか
記憶に鮮明に残ってる辺り、トラウマとも言えなくもないですが。

前に書いたかもしれませんが、
個人的に幼少時のトラウマ漫画は『続 ボクちゃんの戦場』という漫画です。

タイトルも正確かどうかはわかりません。
確か、真オレンジにモノクロな表紙だった気が…する。
「はだしのゲン」は隣の教室に
この『続 ボクちゃんの戦場』は図書室に置いてあった(気がする)。

で、そのタイトル通り「続」なのですが、
「続」じゃない方は、卒業するまで1度も見た事なかった。
これも隣のクラスの「はだしのゲン」1巻&最終巻同様、
常時借りられっぱなのか、紛失したのか…。

で、「ゲン」と違い、こっちは主人公が田舎に疎開するお話(だった気がする)。
なにせ「続」なので既に田舎にいる。

ゲンの兄も疎開先の話がありましたけど、
これも疎開先での、いじめとかカースト制度みたいのがメインのお話だった気がします。

なんか主人公が、母親から送られてきた荷物の中に「ゆで卵」があって
貴重品としてずっと取っておいた描写があった気がする。
ゆで卵だってそんな日持ちするモンでもないだろうに。

あと、チ○コにメンタム。(当時も今も意味不明)
塗られた奴は何度もトイレに行っていた。(当時も今も意味不明)

そして最大のトラウマが、同級生(?)かガキ大将(?)か誰かに…ともかく いじめっ子集団に
主人公の友人(?)が、皿にした小便を飲まされるというシーン。
で、嘔吐するシーン。

女子のだったら最大のご褒美だったろうに(笑)

当時このシーンが頭に焼き付いて数日間、脳裏から離れず頭抱えた。
あと、憲兵に子供がボコボコにされる所も。

で、Kindleで全巻「はだしのゲン」を買った時に、この『続 ボクちゃんの戦場』と
前の『ボクちゃんの戦場』も、デジタルでネット通販も楽にできる今の時代なら
読む事も可能なのではないか!?と思い検索☆


デジタル化も文庫版化もしておらず、原本は絶版 Σ( ̄□ ̄;


今、読んで記憶を補完したかったけど無理なんですかね…。

確かラストは、疎開する前(地元?)の友人(?)と脱走(?)して、
広島(?)に勝手に帰る事を実行。
「お母ちゃん帰るで!」「帰るでェェ!!」って機関車の絵の見開きだった。
で、瓦礫だらけの焼け野原で、干し草の山から針の如く、母親を捜すも見付からず
途方に暮れてバッドエンドだった様な…。

デジタル(Kindle)化希望☆





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3393-87e53dc1
| メイン |