- 2017/05/05(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『ASSASSIN -アサシン-』です。


映画のDVDをレンタルして見るという趣味が増えてから数年経ち、
年300〜400枚くらい借りて見て来ただけあって、最初は映画初心者の私も
「ドルフ・ラングレン?誰?」から「あのドルフ・ラングレン」くらいの知識に(笑)

「B級アクション(褒め言葉)と言えば、ドルフ・ラングレン」的な☆

パッケージに書いてある通り「暗殺者VS暗殺者」です。2人主人公?
最初、離れたビルからライフルでスナイプするシーン。
「お♪」と思ったものの、なんか命中率悪いぞ、このアサシン(苦笑)
暗殺を生業にしてるワリに、目視で「あのビルだ!」と位置を感付かれ
ビルにギャングの手下が押し入ってくる有様。
どんだけ近いビルに居たんだよ?そしてそれで全員倒せないと来た。

一方ドルフ・ラングレン演じるアサシンは「ウルフ」と呼ばれる
都市では「架空の人物」とまで思われてる伝説の殺し屋…なのに携帯で
呼んだら速攻交渉成立という。
どうやって「架空の人物」とまで思われてるんだこの人?(笑)

副業(?)の借金の取り立て時に自分で「ウルフ」と名乗ってるし。
でも、こっちは流石、腕が立つ。

B級映画として理解して見れば、充分楽しい一作です。


ちなみに、この映画のDVDも何故か字幕は「ON」「OFF」設定のみで
OFFにすると、吹き替え用字幕すら出なくなるので、
吹き替えにしつつ字幕表示で見るハメに。
アホなの?出してる制作会社は?




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3336-82b5cf58
| メイン |