- 2017/05/02(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『地獄の変異』です。


「モンスターパニック。ルーマニアの奥地で、
長年にわたり封印された巨大洞窟が発見される。
早速世界的探検隊が探索を開始し、順調に地地下深くへと進んで行くが、
突如隊員のひとりが姿を消し…」

「ディセント」系。ですかね(笑)
まぁ「未知の地下洞窟に入ったら見知らぬモンスターに襲われました」系とも言う。私が。

「ディセント」のバッタモンは、面白くないですが、
この『地獄の変異』は面白かったと思います。

モンスターが序盤はチラチラとしか姿を見せないで段々明らかになるイライラはなく、
序盤は小さいネズミの様な動物が出て来るという、
小さめのモンスター→徐々に大きい化物が出て来ると言う手法は良いと思った。

地下洞窟がメインですが、湧き水や地底湖がある為、ダイビングも必要。
長い水道を抜けるが、水道の真ん中あたりが落盤し
本隊と分断されてしまう主人公チーム。

連絡用のケーブルも何か「噛み切られた」様な痕が。
仕方なく、奥に進んで出口を見付ける選択をする主人公達。

で、ディセント的なモンスターに襲われるのですが…。
このモンスターがディセントと全く違うのが…この映画の肝。

主人公も、モンスターに襲われ傷を負ってしまうのですけど…。


ラストもホラー映画の定石っぽくて良し♪





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3333-263e377c
| メイン |