- 2017/04/21(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『裏切りの戦場 葬られた誓い』です。


「社会派戦争サスペンス。88年4月、
仏領ニューカレドニアで独立派のカナック族がフランス憲兵隊宿舎を襲撃し、
警官ら30人を誘拐する事件が起きた。
交渉人に選ばれたルゴルジュ大尉は隊を率いて島に上陸するが…」

これも史実が基になってる映画かな?かな?
初っ端がラストのシーンを映している様なのと、
タイトルからわかる通り結果がわかっているのがよりツライです☆

カナック族のリーダーが最終的には、TV局のリポーターの取材を受けて
声明文を発表すれば、カタが付くという所まで漕ぎ着けた主人公だったのですが…。


世の中酷い事が沢山あるもんですな。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3322-1dfe39a7
| メイン |