- 2017/02/23(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『ハウンター』です。


「SFサスペンス。16歳の誕生日の前日を繰り返し過ごしていることに気付いたリサ。
庭の外に出ようにも、なぜか外に出られず、彼女は家中を調べ始めるのだが…」

よくある(?)「エンドレスエイト」系映画です(笑)
主人公のリサは、最初からエンドレスエイトな事態に
既に気付いている所から始まります。

しかし途中からタバコは吸わないパパが、
平然と「食後の一服」と言ってタバコを吸っていたり、
凶暴になったりする日があったりと、変化が現れます。

次第にリサはこの家に誰か(幽霊)居ると感じる様になります。
海外版「こっくりさん」ことウィジャボードを持ち出し交信を試みたりします。


この手の「エンドレスエイト」系映画って「これは面白かった」って映画あるんですか?
そう言うとこの映画がまるで面白くなかった様に聞こえてしまうじゃないですか(笑)

つまんなくはなかった。
あのラストは…家族全員、ないしリサは無事だったんだろうか?






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3265-206c236f
| メイン |