- 2017/02/15(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『リーカー ザ・ライジング』です。


「謎の殺人鬼・リーカーの誕生に迫ったホラーサスペンス。
78年、若き警官・マカリスターは、
ハイウェイをパトロール中に血の付いたタイヤホイールを発見する。
さらに、発見現場近くにある悪臭漂う不気味な小屋から散乱した死体が見付かり…」

ハイウェイに人の良さ気な初老のおじさんが運転する車、するとヒッチハイカーらしき
怪しい風貌の男。
でも、おじさん車を停め
「もう少し先にガソリンスタンドがあるから誰か呼んで来るよ」と乗せる気はなさそう。

で、車を出すおじさん…が、数十m行った所で停まり「わかったよ」と独り言。
車をバックさせ、ヒッチハイカーをハネる Σ( ̄□ ̄;

怪しい風貌の男は、ホントにただのヒッチハイカーだった!
殺人鬼の方は、おじさんの方(笑)

ハネたヒッチハイカーを、また車で轢くおじさん。
タイヤが乗って体もバキバキで、
息も絶え絶えなヒッチハイカーを意気揚々と持っていた道具で殺すおじさん☆

でも、このおじさん、すぐ捕まります。
で、すぐ処刑されます。
しかし…。


んー…、難しい事やらずに普通にスプラッタな映画で良かったのでは?
登場人物達が「生と死の間(はざま)」に迷い込んだ、とか言って
死んでるんだか生きてるんだかわからない領域に行きます。

頭が半分吹っ飛んでたり、全身黒焦げなヤツが普通に動いて喋ってるシーンがシュール(笑)








スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3257-642d06b4
| メイン |