- 2017/02/11(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『カットバンク』です。


「カットバンク」って、切り裂き魔のなんか貯蔵庫的な意味かと思ったら
アメリカ…だったかな?で一番寒い街の町名だった。それが「カットバンク」。
「日本で一番気温が高い街」で町興し的な。

序盤「おら、こんな村嫌だ」的な少女が、自分のプロモーションビデオを
花畑で彼氏に撮って貰ってる時、偶然にも背景に
郵便配達員・ジョージーが射殺される場面が映ってしまった。
犯人は撮られてる事にも気づかず、
ジョージーの死体も郵便配車も奪い、どこかへ逃走してしまった。

…と言うのは、偽装で、彼氏に郵便配達員に犯人役の人が仕組んだ偽装殺人事件だった!

「事件の重要な証拠を持って来た者には報奨金が出るYo」という、
警察の報奨金目当ての偽装殺人事件でしたとさ。
上手く行けば山分けして、こんな街とはオサラバさ☆という計画だったのだが…。

主人公ドウェインの雇い主の土地(ガラクタ置き場)で
殺されたハズのジョージーも呑気に酒、タバコと不用心。
ドウェインの雇い主も、突然「あの税金食いのガラクタ置き場を処分する」と言い出すし、
街で変人扱いされてる男も、大切な物が届くハズだったのに、その郵便配車が奪われた事で
苛立ち執拗に荷物を追跡するしで、簡単にはすまないのでした。


面白かったです。
オチの付け方もなかなか粋でした。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3253-50772956
| メイン |