- 2017/02/08(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『13ゴースト』です。


「ウィリアム・キャッスル監督の同名作品を、
ロバート・ゼメキスが製作を務めリメイクした新世紀体感ギミックホラー。
母親を亡くし、哀しみに暮れる家族の元へ、
突如叔父の遺産を受け継ぐ話が舞い込む。しかしその豪邸には隠された秘密があり…」

ん?リメイク作品なの?知りませんでした。
序盤、ゴーストスイーパーみたいな事をしてる叔父と助手(?)。
しかし、序盤で叔父さんゴーストとの対決により即死亡。

場面変わって、母を亡くして哀しみに暮れる家族。
父、姉、弟、日本だったら大問題になるであろう態度の悪い女ベビーシッターの4人。
弟も「ベビー」って言う程小さくもなく、7歳前後?

そこへ、登場する弁護士。
「あんたの叔父さんが、遺した家があるから相続してね」
叔父がいるのは知ってたけど、異端児で疎遠だったし、相続する程の家なんてあったの?
ちょいと離れてはいるけど大豪邸☆

家族とベビーシッターの4人は意気揚々と、叔父の遺産である家に転居する事にしましたとさ♪
しかし、この家には恐ろしい秘密とギミックがあったのでした…。

電気工事技師を名乗り、家に侵入する序盤に出てきた叔父の助手(?)と
弁護士(実は偽物)も巻き込んで、スプラッタな事件が始まるのでした♪

なかなか面白かったですよ☆
タイトルの通り、叔父さんはとある計画の途中で亡くなったんですが…。

あと、態度の悪い女ベビーシッターが意外に良い味出しててグーです。







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3250-dab2e329
| メイン |