- 2017/02/02(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『テイク・シェルター』です。


自然災害系の映画…かと思いきや。

「竜巻への異常な恐怖に囚われた男が、
家族を守るためシェルター作りに没入する姿を描くサスペンススリラー。
工事現場で働くカーティスは、妻と耳の不自由な娘との生活に幸せを感じていた。
しかしある日突然、大災害の悪夢にうなされるようになり…」

ハッキリ言います、嵐はラストまで来ません!
小型台風が来た程度。
面白くもありません。

大災害の悪夢にうなされた男が、ちょいと被害妄想に陥って周りもドン引きするくらい
シェルター作りに没入する映画です。

あれを思い出します。
「カイジ」の沼パチンコで、一条がシェルター云々妄想してたシーン。

せめて劇中に大嵐が来てアリとキリギリス的に
「カーティス、お前をバカにして悪かった!俺らもシェルターに入れてくれ!」
「嫌だよーん☆バーカ!」
と、カーティスをバカにしていた町民達は、哀れ嵐に吹き飛ばされてしまいましたとさ☆
チャンチャン♪

とかであれば面白かったんですけどねー。
もしくは、町民達をシェルターに入れてやる的な。


でもラストのラストのシーンを見るに…カーティスに救いはあったのかな?かな?







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3244-f7d9e8d8
| メイン |