- 2017/02/01(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『独房の生贄 ~悪霊が棲む213号室~』です。


ホラー映画です。
「敏腕弁護士が少女暴行殺人犯と接見中、突然殺人犯が弁護士のペンで自殺を図る。
容疑者となった弁護士は殺人犯と同じ牢獄に入れられるが、
そこは殺された少女の怨念が宿る恐怖の部屋だった」

えー…幻覚が見えちゃう系のホラーです。
本人にしか見えないタイプの…。
私は個人的に受け付けないっつーか、なんだかなーって感じです。

ホラー映画は巻き込まれる系が多いですが、
主人公は主人公で物語上、自業自得な所があるんで…好きにすれば?的な(笑)







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3243-bb2f678c
| メイン |