- 2017/01/17(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『ビトレイヤー』です。


舞台は近未来(?)のイギリス。イギリスは警官が拳銃を所持してないのが本当なのか、
そういう設定なのかは知りませんが「イギリスの警官は銃を携帯してない」世界観。

それ故、主人公は冒頭、凶悪犯を追い詰めるも膝を撃たれて負傷、
凶悪犯も取り逃がしてしまう。
銃さえ持っていれば対等に戦えたのに。

そんな中「警官にも銃の携帯を」をマニフェストに掲げ当選を狙う政治家さんが。
そして、過去取り逃した凶悪犯が戻って来ている事を知る主人公。

色々あって、政治的陰謀に巻き込まれていく主人公。
感想としては…まぁまぁ面白かったです。
あくまで「まぁまぁ」です(笑)



スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3228-8b5c0132
| メイン |