- 2016/12/07(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『武器人間』です。


レンタルの紹介文。
『フランケンシュタイン博士の末裔が作ったナチス最終兵器“武器人間”の
恐怖を描くアクションホラー。第二次世界大戦末期の東部戦線。
ドイツの占領地域に足を踏み入れたソ連の偵察部隊は、
不死身の改造人間を製造する大量破壊兵器工場を目にし…。
肝付兼太、たてかべ和也、小原乃梨子らによる吹替音声も収録。R15+』


POV風に撮られた映画です。
逆にPOV風に撮らない方が良かったんじゃね?と思う映画でした。

面白かったですよ☆ ストーリーが…と言うより、なんだろう?人間臭さが(笑)
「武器人間」のデザインが秀逸。
ホラー映画でも色々なデザインの、シリアルキラーやモンスターが出て来ましたが
この「武器人間」は一歩抜きん出てます☆
結構な種類の「武器人間」が出てきますが、どれも良いデザインしてます。


そして、CV肝付兼太氏のキチ博士が面白いです☆
「ムカデ人間」のあの博士とタメ張れる♪

2人分の脳みそを取り出して、半々くっつけて「ちょっとこっち多いかな?」と
メスで切り取って丁度50:50にしたり…って脳みそをそんな料理の調味料みたいに扱うな(笑)
脳みそを料理みたいに扱っていいのはハンニバル博士だけ☆


この映画のキャッチフレーズ考えたんですけど
「ドイツもこいつも狂ってる!」ってのは…え?ダメ?そうですか(笑)





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3188-638de2b8
| メイン |