- 2016/11/29(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『マイ・ボディガード』です。


レンタルの紹介文。
『デンゼル・ワシントン主演、トニー・スコット監督によるアクションサスペンス。
16年間暗殺事件の護衛に携わってきたジョンが受けた新しい仕事は、
9歳の少女のボディガードだった』

なかなか面白かったです。
ただあの有名な映画「ボディガード」程、ハッピーエンドじゃないのが物悲しい。

ただ主人公のジョン。
そんなに行動力と攻撃力があるなら、最初から本気出せよ、と(苦笑)

恐ろしいのは、メキシコ(だったかな?)はボディガードがいないと
「誘拐保険(これがあるのもスゴイが)」が付けられない、降りないとか。
「ボディガードが付いたから、やっと学校に行ける♪」と喜ぶ少女。
メキシコ怖し!

ただのボディガード映画というより、
次々に誘拐事件の裏が明らかになっていく所が面白く、恐ろしいです。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3180-bfe1b4f7
| メイン |