- 2016/11/26(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『パッション』です。


ここ数年の私の「楽○レンタルでDVD借りて見るブーム」のずっと前に1度、
TSUT○YAでこの映画を借りて見た事あるんですけど
その時ここで感想書いたかは覚えてない。

「パッション」だけでググっても、同名の別の映画が出てきたりするので
パッション、メル・ギブソン、イエス等複数の単語を入れてググるのが吉。

どんなストーリーだったっけ?と良く思い出せないので、今一度借りてみる事に。
まぁこの映画、ストーリーはあってないようなモンですけど(笑)

楽○レンタルの紹介文。
『メル・ギブソンが監督・製作・脚本を務め、
イエス・キリストの最期を描いた問題作。
紀元一世紀のエルサレム。最後の晩餐の後、イエスはユダの裏切りにより捕らえられた。
そして、彼の影響力を恐れる大祭司や民衆らによってイエスは処刑を余儀なくされる』

試写会で見た人がショック死したって逸話は有名なハズ。

ストーリーは、イエスさんが捕らえられ処刑される史実まんま(多分)なので。
特筆するべきは、スプラッター映画やホラー映画にも
負けないくらいの拷問シーンですよね。

楽○レンタルのジャンル分けでは
「洋画」「ドラマ」「バイオレンス」となっていますし(苦笑)
実在した人物を描いた映画のジャンルに「伝記」や「史劇」というジャンルもあるというのに。


2度目見た感想。
…あれ?「勇午」にも出てきそうなトゲトゲ付きの鞭で叩かれて左脇に食い込むシーン。
仕置人が鞭を引っ張ると、脇の肉が1〜2cmの厚み分ベリッ!って
剥がれたような覚えがあるんですけど…そうじゃないぞ?
ただ引っかき傷が残っただけ。

んん?修正された?私の記憶違い?

あと、イエスさんが息を引き取った後、マリアさん(?)が聖杯(?)で
流れ落ちる血を汲んでいたシーンがあった様な…………無い(苦笑)
代わりにイエスさんの足にキスをするシーンが…それを混同したのかな?かな?


ちなみに、この映画のDVDは監督のメルギブさんの要望で、吹き替えなしの字幕のみだそうで。
あと…イエスさん達が喋る言語(何語か知らん)は字幕出ますが、
他の民族の言葉には字幕が出ません。
なので、ローマ兵達が結構色々喋っているシーンは多いものの
何喋ってるかわからないシーン多々。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3177-b73f6885
| メイン |