- 2016/11/05(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『善き人に悪魔は訪れる』です。


楽○レンタルの紹介文。
『凶悪殺人犯を家に招き入れてしまった人妻のサバイバルを描いたスリラー。
嵐の夜、夫が留守のテリーの家にひとりの男が電話を貸して欲しいと現れる。
彼女は子どもと自分だけの家に彼を入れるが、
その男は移送中に警官を殺して逃亡した凶悪殺人犯だった』

最初、凶悪殺人犯が保釈申し立てをするんですが、審議委員会に けんもほろろ☆
序盤は、もしかして本当に改心してるのかも?と思っていましたが、そんな事は無かった。
看守も、肩を持ってくれていた優しい護送車の運転手さんも撃ち殺し、護送車から逃亡。
結果、テリーの家に「事故ったので電話を貸して欲しい」と現れます。

なかなか面白かったです♪
ただ、中盤ダレます。
困った人を助けたと思って疑わないテリーと、途中参戦のテリーの友人の女と凶悪犯。
凶悪殺人犯がなかなか本性を現さないので、ただの飲み会シーンになってます。


本性を表してからは、なかなか良い展開。
テリーは5〜6歳(?)の娘と、赤ん坊が居るという大ハンデを持って、
凶悪殺人犯と対峙しなくてはならないという状況。

凶悪殺人犯も実は、適当に逃げてテリーの家に来たのではなく
ある目的があって来たという…。

気になる方は是非。







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3156-7213b992
| メイン |