- 2016/11/02(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『ナンバー10』です。


楽○レンタルの紹介文。
『テロ武装集団に占拠された英国首相官邸“ナンバー10”を舞台に、
元SASの男が戦いを挑むアクション。
『レベル15』事件から半年。英国首相の娘の拉致に失敗したテロリスト・ホルトは、
復讐のために英国首相官邸襲撃を企てる』

英国首相官邸に呼び出され
半年前、部下全員を殺られた上、英国首相の娘を誘拐から救い出したのに
「色々あって、誰か責任取らないといけないから、あんたクビね♪」的な
理不尽極まりない事を各方面の上層部から言われた主人公の少佐…いや、元少佐。

奇しくも、そんな日にリベンジとばかりにテロリスト・ホルト団は
再度英国首相官邸を襲撃、英国首相と側近たちを人質に取る事に成功する。
「24」や「ホームランド」でも出てきた、首相とかが有事の時に逃げ込むシェルター。
そこに英国首相と側近達は逃げ込むも、テロリスト・ホルトはカードキーを持っていて
難なくシェルターのドアを開け人質に取る事に成功するのでした。

どんだけ甘い警備体制だよ!?と(笑)

そんな中、主人公の元少佐が、首相官邸に残っていた事がホルト団の誤算。
シェルターの外に居る人達を人質に取ってるホルト団員達を
ジャック・バウアーよろしく、次々を片付けていく元少佐☆


えーっと、甘い警備体制でシェルターにまで入られ首相を人質に取られる方もアレですが。
ホルト団も詰めが甘いと言うか、サクサクと元少佐に1人…また1人殺られていきます。
これが緊張感が無くなる程、元少佐が強いのかな?かな?

別にどんでん返しとか、大ピンチとか、
こう来るとは思わなかったとかそういう展開無しでラストまで行きます。

なんだこれ?






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3153-1f317bff
| メイン |