- 2016/09/28(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『パルプ・フィクション』です。


なんか聞いた事あったタイトルだったので借りてみました。
「タランティーノ監督の名を一躍世界に知らしめた話題作」…ふーん、そうなんだ。

『かまいたちの夜X3』みたいに、主人公や時間軸が色々入れ替わる感じな映画です。
各登場人物の背景や物語、絡みが色々見えてきます。

だけど…結局ナニを描きたかったの?という
感想しか浮かばない映画でした。個人的に。

終わり方も「え?終わり?」みたいな感じでしたし。


この映画の面白さがわからない方が悪いんだろな…と。
じゃあ悪くていいです。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3117-57dea588
| メイン |