- 2016/09/11(Sun) -
私はまぁ…貧乏性と言いますか、大抵使える物は壊れるまで使う主義なんですが。
未だに小学校入学祝いに買って貰ったオ○ムラの学習机が現役でメイン机と言う(笑)

5歳?6歳?の時から使ってるとして…80年ですか…。
従兄弟の学習机はVガンダムの学習机でしたが、私のはマッカーサーでしたよ。
ウソです、私のはキャラクターとの癒着の無い普通の学習机でした。

つーか、学習机って捨てるモンなの?
机としても、物入れとしてもここまで機能的な机って無い気がするんですが…。
大抵の人はスチールデスクみたいのに買い換えたりしてるし。


それはさておき、長年の使用でボロボロにはなったものの、
毛羽立った所を養生テープで塞いだり、デスクマットを買い換えたりして
使い続けて来たんですけどね。

机を照らす、蛍光灯のスイッチが逝ってしまいましてねー。
前々から時々、蛍光灯のスイッチを入れようとすると妙に固くなって思い切り
親指が痛くなる程押すと、やっとバチン!とスイッチが入ったりしてたんですが
先日、例の如くスイッチを入れようとすると妙に固くなって「またか」と思って
「んー!」と思い切り押してみたんですよ。

そしたら、スイッチはONになったものの蛍光灯は点かない。
挙句スイッチがOFFにしてもONにしても、蛍光灯点いたまんま。
どーしよーもない。

仕方なくスイッチの部分をペンチで取ってみた所、よくわからん構造。
極小のバネの付いたボールペンの先みたいな物体と、陰陽師が使う人形の様な金具(約5mm)。
スイッチの奥には金具が2箇所。
陰陽師が使う人形の様な金具でその2箇所の繋げると、通電するらしく蛍光灯は灯る。
数日間は、ペンチと爪楊枝で、陰陽師が使う人形の様な金具を押し込んで
ON OFFしてたんですが、蛍光灯が必要な度にこんな事してるワケにもイカンと思い。

蛍光灯部分ごと替える!思い切ってLEDに…それでも安くても4〜5千円はする。
どうしよう…?

よし!直す!

以下の物をAmaz○nで買い(計約1400円)、ウダウダやりました。工具の事は良くわからないので適当。
20160911.jpg
最初、金具に銅線がくっつかなくて、ムカついて根こそぎ引っこ抜いてみたら
中のコードは意外と単純な構造になってて、銅線が最初より簡単に繋げる事に成功。

スイッチが夏休みの自由工作みたいですが、無事にON OFF可能な蛍光灯が再生☆
余ってたガンプラのネジ(MGにたまに付いてくる小さいネジ)を流用して固定して
隙間をテープで塞いで完成。

我ながら見事だ(笑)自画自賛。

しかし、ハンダとハンダゴテなんて中学の技術の授業以来ですよ。
ネットでハンダ付けの講座を調べてからやってみましたが、中学の時同様
上手くハンダ付け出来ません。
ハンダゴテの先にこびり付いたハンダを擦り付ける様に付けたった(苦笑)

手元に置ける基盤みたいのにやるのと違って、
宙空に浮いてる銅線にハンダ付けだったからに上手く行かなかったに違いない。

慣れれば上手くハンダ付け出来る様になるんだろうか?
銅線を抑えつつ、ハンダを持ち、ハンダゴテを持つ…腕が3本必要なんですけど(笑)


ハンダゴテはこの先、ガンプラにも使えそう(?)なので買って良かったかな?かな?




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3100-a6834072
| メイン |