- 2016/09/02(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『デビル (2010)』です。


悪魔ってのは、悪事を働いた奴の所にやってきて殺して魂を持って行くらしい。
という説の映画。
ん?その説だと悪魔って良い奴じゃね?

楽○レンタルの紹介文。
『高層ビルからひとりの男が転落死を遂げる。
同じ頃、エレベーターが突如停止し5人の男女が閉じ込められてしまう。
そして照明が消えるたびにひとりずつ死んでいき…』

エレベーターに閉じ込められる系の映画です。
このエレベーターに閉じ込められた5人の男女が、偶然居合わせたのではなく
実は共通点があったのです!

珍しいのは、監視カメラと警備室(警備員)が繋がってる事。
大抵、連絡が取れなかったり、監視カメラが故障して
エレベーター内の状況がわからなかったりするんですけどねw

ただし、会話は一方通行。
エレベーター側からのマイクは故障(?)していて警備室には聞こえない。
逆に警備室からはエレベーターに話しかけられる。
あと勿論、定石としてビル内なのに携帯の電波が無い☆

5人の中に犯人かいる!と、まぁ現実的に考えれば普通な推論に行く付くんですが…。


案外悪魔って良い奴じゃね?と思う映画です。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3091-f0d9a11c
| メイン |