- 2016/08/24(Wed) -
ゲームの話をします。ちょいと前に
「100タイトル最大50%引きセール」みたいのありましたよね?
その時に「ファンタジーライフLINK」の他にDL購入したゲームがありまして。

『Shift DX』は、もう投げて「糞フォルダ」行きしたんで
「そーいやコレもあった」と思い出してプレイ開始。


カエルの為に鐘は鳴る』です。


VCですよね。カラーになる前のGB作品。
なんか評判良かったり、リメイク希望してる人も多いとか?…なので買ってみた。
昔のゲームなだけあって、
名前入力にNGが無く私は「チンポコ」王子と呼ばれ冒険しておりますw

タイトルは強烈なので、当時から知っていましたがどんなゲームかは
プレイしないと全然ですよね。

フィールド移動等はゼルダ。洞窟や城等ダンジョンは横スクロールアクション…
要はFC「ドラえもん」の開拓編ですよね。

呪いだか魔法だかで、
人間←→カエル←→ヘビの姿に変化して各イベント等に対応していく感じです。

■人間…通常時。武器防具の恩恵を受け、敵と対等に戦える。人間と会話出来る。
■カエル…水中を移動出来る(人間時はカナヅチなので)。
人間時より高いジャンプ力で行けない所にも行ける。
カエルやヘビと会話出来る。人間時とは対応が違う相手と会話出来る。
人間時とは違って弱い。人間時ザコな敵にも負ける。
でも、蟲系の敵は人間時相当苦戦する敵でも、一撃で倒せる(食う)&HP1回復。

■ヘビ…ダンジョンの狭い所を移動出来る。ヘビと会話出来る。
弱い敵を噛んでブロックにする事が出来る。
噛む→ブロックにする→人間に戻る→ブロックを移動させる→それを足場にジャンプ。
みたいな箇所が幾つか。

ゼルダと違う所は、敵との戦闘はオートな所。敵と接触すると自動的に戦闘開始、
パラメータ依存の戦闘でHPが減ったりして敵のHPが先に0になると勝ち。
ランダムで金やハートを落とす。

こんな感じ。
基本的にストーリーは「おつかい」一辺倒。
「ここを通るには○○が必要」→「それは○○という所にある」→「○○に行け」→の繰り返し。

………すいません。どの辺りが名作なの?…いや、つまんなくは無いんですけど…。
当時モノクロのGBでプレイしてこその思い出補正が強いの?

それに操作感が独特というか…。あと、Aボタンを押すと相手と会話じゃなく、
人や看板とぶつかると自動的に会話が始まるので、話したくもない人とぶつかってしまうと
何度も同じメッセージを見るハメに。
人間に戻る時、グダグダしたエフェクトを何度も見るハメに、飛ばせない。

あとボリュームが少ない。アッと言う間にクリアしてもーた。
劣化ゼルダという印象。

主人公のキャラも好きになれなかったなぁ。
カエルになって、傲慢な性格が治っていく…というワケでもなかったし。
まぁ安売りの時に買えたし、こんなもんかなって感想です。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3082-c14d3045
| メイン |