- 2016/07/11(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『セブン:ビギンズ 〜彩られた猟奇〜』です。

楽○レンタルの紹介文。
『警察学校の教官・スタンは、本部から殺人事件の捜査協力を要請される。
現場には被害者の死体を使ったアートが残されており、
その手口はスタンが過去に手掛けた事件と瓜ふたつで…』

過去に逮捕っつーか殺った猟奇殺人犯の手口にそっくりな猟奇殺人事件が次々と起こる。
当初は模倣犯かと思われたが
もしかして過去、犯人と思ってたヤツは違って、真犯人はまだいるんじゃね?的展開。

絵画や殺人現場に仕組まれた、だまし絵みたいな技術が秀逸。
サスペンスモノとしてはなかなかです。
犯人もこういう事しなければ捕まらないのにね。
クリミナル・マインド的には、自己主張しないと気が済まないんでしょうね(笑)






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3038-77377b8d
| メイン |