- 2016/06/22(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』です。


スティーヴン・キング原作って当たり外れ大きいよなぁ…と思う一作。

楽○レンタルの紹介文。
『結婚して25年目を迎え、幸せに暮らしていた主婦・ダーシー。
ある時彼女は、夫のボブが、
全米を震撼させている連続猟奇殺人犯であることを知ってしまう』

この紹介文読んだ時は「これは面白そうな映画だ☆」と思ったんですが…。
スティーヴン・キングもこの紹介文の所だけ思い付いて、
後は適当に埋めてっただけじゃねーの?と疑いたくなる出来です(笑)

紹介文が良く、そそられただけに、中盤からラストまで
風船がドンドン萎んでいく様な感じを受けました。

じゃあ、奥さんが自分が25年連れ添った旦那が
実は連続猟奇殺人犯であることを知ってしまった後
どうすれば面白くなったのか…?と考えるとあんま浮かばないし。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3019-5c53c2fd
| メイン |