- 2016/06/17(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『マージン・コール』です。


あんま面白くなかったですねー(苦笑)
大企業や金持ちが大損ここうが知った事っちゃねーや!が正直な感想です。

B級バトルマンガみたいに、ボスの上役…の上役…の上役的に
上司が居たと思ったら、その上の上司…そのまた上の上司が出て来ます(笑)

あと、上司の上司でいかにも会社役員って感じの役に
「メンタリスト」のパトリック・ジェーン役の人が出てます。髪型もまんまジェーン。
でも吹き替えのCVは勿論(?)違うので「メンタリスト」好きにとって違和感すごい☆

そうそう、ストーリーに触れます。
『ウォール街崩壊の24時間を描いた金融サスペンス。
大量リストラが始まったウォール街の投資会社でリストラ対象となったエリックは、
元部下でリストラにならなかったピーターに意味深な言葉とUSBメモリーを託す』

ん?金融サスペンスなの?ただの見落としアタフタドタバタ劇にしか…。

他のリストラにならなかった組が上がった後、飲みに行ってるのに
リストラにならなかったピーターは、1人残業しエリックから託されたデータを解析していた。

優秀なピーター(数学だかの博士号かなんか持ってる程)は、エリックにも解けなかった計算を解いてしまう。
「え?ウチの会社…数日後には、自社資本金なんか目じゃない程の損失出て大倒産確実じゃね?」
的な事に気付く。

ピーターは飲み会中の相棒(同僚)に電話し、上司を会社に戻るように伝える。
上司もピーターの説明により会社がヤバイと気付く→そのまた上司に連絡→そのまた上司に連絡…。

「エリックを連れ戻せ!」
てめーでリストラしておいて…。会社用の携帯も会社が即解約したので連絡もつかない。
見ているこっちは、ザマーミロですが(笑)

で、この会社の大危機をどう乗り切るか?という幹部連中が徹夜で苦悶する映画です。
大企業や会社役員共が困るのは見てて楽しいです♪…が、お話としては別に…です。

オチも普通だし。







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3014-6f856137
| メイン |