- 2016/06/14(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『パニック・ルーム』です。


面白かった!!オススメ!なかなか濃い112分☆

離婚したばかりのメグは、11歳の娘サラを連れて、元金持ちが住んでいた家を買い、引っ越してくる。
元は使用人や介護人等も住み込みで、金持ちも体が不自由だった事もありエレベータ付きの4〜5階建て。
そして、緊急用のパニックルーム付きの贅沢な家。
母娘2人で住むにはマジでデカ過ぎる家。

「パニックルーム」と聞くと遊園地の「ビックリハウス」や、
ホラー映画の「死霊館」的な物を想像してしまう私ですが、
アメリカの治安の悪い地域や津波の多い地域じゃ普通なんでしょね。
「シェルター」って言う方がわかりやすいかな?かな?

いわゆる「緊急避難部屋」。
鉄板で覆われ丈夫で、外からは開けられない、中は食料にトイレ、救急キット等揃ってて
各階各部屋の監視モニタ、独立した電源や電話線等、災害や強盗等から身を守れる。


そんな家に母娘2人が引っ越して来た当日の夜。
泥棒(強盗?)が数名、侵入してきたからビックリ!泥棒の方もビックリ!
「なんかの法律で3週間は空き家にしておかなければいけないから人はいないハズじゃなかったのかよ!?」
不動産屋も、とっとと売りたかったらしく、それで買ってしまった母娘2人という運の悪い食い違い。

幸い泥棒達は、母娘2人を起こす事無く母娘2人の存在に気付いたので1階で緊急会議。
そんな中、ママンは夜中にふと目が覚めて、何気にパニックルームに行き監視モニタを見たら
1階に見知らぬ野郎数人が映ってる Σ( ̄□ ̄;

ママン、娘をそーっと起こしに娘の部屋へ!しかし盗賊団に気付かれる!
娘「ママ!パニックルームへ!」母「!」
思い付かなかったのかよ!?
盗賊団が追いすがる中、ギリギリセーフでパニックルームに逃げ込み扉を閉めた母娘2人!

これでもう2人安全じゃん。勝った!『パニック・ルーム』完!


…と、思いきや
母娘「見逃してやるから、とっとと帰れ!」と外部スピーカで盗賊団に呼びかけるが
「お前らの居る部屋に目的のブツがあるんだよ!」と紙に書いて監視カメラに見せる(音声は一方通行なので)。


そして盗賊から強盗団にランクアップした賊共の中に、
元パニックルーム系の設計や設置の仕事をしていた男がいて、パニックルーム攻略に出る。

引っ越ししたてで、パニックルーム内の電話はまだ通話出来る状態じゃない事を強盗団に悟られた上、
携帯電話もパニックルームの外(ママンの部屋)に置きっぱ。

パニックルーム内のモニタで強盗団の動きを監視し、携帯電話を取りに出たりと
ハラハラの連続です。
強盗団の目的は何なのか!?
元パニックルーム系の設計や設置の仕事をしていた男は、泥棒は手伝うが人殺しはいかん!と、言う漢で
後々物語の鍵を握ってきます。


見て損無し。








スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3011-01f3c748
| メイン |