- 2016/06/11(Sat) -
映画のBDを見ました。


『地球の静止する日』です。


「地球『の』静止する日」ですよ。リメイク版でもなければ、GRの事でもない。
1951年公開の白黒映画です。

これはレンタルしたワケじゃなく以前「トッツィー」のDVDが欲しくてネットを探していたら
「中古で3枚いくらで送料無料」という店を発見たまごっち。
「トッツィー」だけ入手出来れば良かったんですが、他には
見た事ある映画ばかりと、DVDを持ってまでいたい映画が
その店のラインナップに無い。

で、この『地球の静止する日』は、タイトルは聞いた事あるけど見た事ないな…じゃあコレで。
…的な経緯で購入。
挙句、DVDじゃなくBD版という。
BD版なのに吹き替えもない、流石白黒映画(笑)


感想。
面白かったですけど、タイトルが大袈裟過ぎやしないかい?(笑)
一応静止はしたか…30分。

あと、地球人は他の映画でもそうですけど、ホント駄目ですね。
クラトゥの目的が本当なのかどうか、宇宙人と対面するのも初めてだと言うのを差し引いても
対応が酷過ぎる。

そして2016年の今の地球をクラトゥが見たらガッカリする事でしょう。

クラトゥと少年の友情物語かと思ったらそうでもなかったw
科学者との会談が開かれるかと思ったらそうでもなかったw

病院と飛行機を除いて、世界中を停電させる(車とか単独のバッテリー式の機械も)技術があるのに
移動はタクシーなのか(笑)







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/3008-4dd68201
| メイン |