- 2016/05/29(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『ファインド・アウト』です。


なんとなく「ミステリー・サスペンス」のジャンルから吹き替えアリの映画を
選んで借りて見たんですがこれが意外に当たりでした☆

楽○レンタルの紹介文。
『1年前、何者かに拉致監禁されたと訴えながらも、
証拠が見付からず虚言症と断定されたジル。
以来、不安な日々を過ごしていたが、ある日ジルの妹・モリーが失踪を遂げる』

大きな森をロクに探しもしないで、
虚言癖&精神病院に監禁という扱いを、過去マッポから受けたジル。

ある朝、妹のモリーがいなくなり、同じ手口で拉致られた経験を持つジルは
同じ犯人だとピンと来る。
一応、サツに頼るモノの、案の定の対応。

新任の刑事さんが、ジルの言う事に興味を持ち名刺を渡してくれるので
これはこの後、この刑事さんが何かしてくれる伏線かと思いきや…。

全く信用されないどころか銃刀法違反でマッポに指名手配される始末。
完全孤立する中、その場の閃きと機転で逃亡しながらも犯人の手がかりを探して行くと言う
「24」のジャック・バウアーを彷彿とさせる展開が見もの☆

ラストの、ジルが言い放つ警察に対する皮肉が絶品!
見て損無し♪







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2995-90f2d5a2
| メイン |