- 2016/05/20(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『時計じかけのオレンジ デジタルリマスター版』です。


有名な映画じゃないでしょうか?多分。私ですらタイトルは知ってるくらいですから。
ジョジョ3部「爆弾仕かけのオレンジ」の元ネタ(笑)

でも見るのは初めてです。
『デジタルリマスター版』ですけど、吹き替えは無し。
大抵「デジタルリマスター版」になると、吹き替え入ってたりするモンなんですが。

いやー、映画館以外で見る字幕はキツイもんですが、この映画は近未来が舞台なだけあって
「近未来」の「スラング」?が字幕でも、そのまま出ていて意味わかんない所、多々(笑)
時々一時停止して、字幕を良く読みながら見ました。


感想。
…面白いの?これ?
なにが素で有名になったの?当時。と思う映画でした。

『当時、議論の的になったこの作品は、
ニューヨーク映画批評家協会賞の最優秀作品賞と監督賞を受賞し、
アカデミーでは作品賞を含む4部門にノミネートされた。
現在でも『時計じかけのオレンジ』のその芸術的な衝撃と誘惑は観る人々を圧倒する』

…どこが?


主人公にとっちゃ自業自得だし、とっとと出所したいだけで研究に志願したんだし、
シャバに戻った後の彼が受けるリベンジも中途半端な感じ。

特にあの作家のリベンジ。
部屋に閉じ込めて「第九」を聴かせるって…(苦笑)
てっきり同居してるあのマッチョマンにフルボッコにされるとか、掘られるとかするのかと…。


「期待はずれのオレンジ」ですよ。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2986-8a72c565
| メイン |