- 2016/05/02(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『殺人の啓示〜死を誘う男〜』です。


正にミステリー・サスペンスもの。
正統派な犯罪捜査的映画でした。

異常殺人犯とベテラン女刑事の対決を描くサイコサスペンス。

カナダの田舎街の警察署で働く女警部補ヘイゼルは、
街では4年ぶり(?)くらいに起きた殺人事件を捜査にあたる。

殺されたのは独り暮らしの老女で、殺害後口を開けられていた。
そして数日後、同様の殺人事件が発生する。

調べる内に、同様の手口の事件が他の街でも過去起こっている事が判明する。
その同様の未解決事件の被害者の写真を見てみると、
全員、死後 口を開けられているものの、若干開け方が違うと気付く。

そしてその口は、何かの単語を1文字ずつ発音してるのを現してるのではないか?と…。


ちょいと宗教がかったサスペンスですが、面白かったです。
主人公ヘイゼルより、コキ使われ足を使って捜査した
新米警官の方が敢闘賞モノですが(笑)



それから、海外の映画やドラマでたまに見掛けるのですが、アルコール依存症の人が
勤務中に飲み物(主にコーヒー)に、酒(主にウィスキー)を入れる描写があります。
あれって美味いんですかね?
美味くはないけど、そうまでして飲みたいって感じ?

目覚まし効果のあるコーヒー(カフェイン)にアルコールって、
下剤と正露丸一緒に飲むようなモンじゃないですか?

むかーし、なんだっけ?色々な味を次々に出してたカクテル…「カクテルパートナー」かな?
あれで「コーヒー味」のが出てコーヒー好きの私は、
即買ってみましたが、クソ不味かったですよ(苦笑)








スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2968-2dba9aeb
| メイン |