- 2016/04/23(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『スペース・バンパイア』です。


1985年制作のSFホラー。字幕のみ。…なんでこの映画を借りたのか自分でも謎。
SFホラーと言うより特撮ホラーという見た目。

未来?近未来?が舞台?
ハレー彗星の調査をおこなっていた調査隊は、ハレー彗星の中(?)に全長120㎞の物体を発見する。
全長120㎞って「トップを○らえ」の宇宙怪獣かよ(笑)

今を逃したら76年後までまた調査出来無い!と全長120㎞の物体をする事に。
中には「カルドセプト」の「G・バット」みたいな生物のカピカピに干涸らびた死骸だらけ。
しかしそんな中で、透明なケースに入った
見た目人間そのまんまの全裸のまるで生きてるような死体を3体(男2人、女1人)発見する。
調査隊は「G・バット」のミイラ1体と、その人間ぽい者をケースごと3体持って帰る事にする。

が、その後 調査隊のスペースシャトルは連絡を絶ってしまう。
スペースシャトルは漂ってるだけ。
別のシャトルで来た捜索隊は、船内で調査隊全員の焼死体と、
無傷のケースに入った例の3体の死体を発見する。

で、この3体の死体を地球に持って帰ったのが運の尽き。
…いや、物語の始まり。

まぁ勿論、生きてますよね(笑)
謎の「魅力」を発するその死体に、警備員はフラフラと隔離室のドアを開け入って見入ってしまう。
するとその死体だった者は目を覚まし、アッと言う間に警備員のエネルギーを吸い取ってしまう☆

人間の死体だと思っていたその3体は、
地球人のエネルギーを求めてやってきた「吸精鬼」だったのです☆

どうする人間!?どうなる地球!?

ハレー彗星の中を調査出来る程の文明なので近未来っぽいですけど、
地球の文明や軍事力等は1985年風(笑)


「特撮」として見れば、まぁまぁ面白いです。
「SFホラー」として見ると、ちょっとアレです。お好みでどうぞ☆





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2959-755e25a5
| メイン |