- 2016/04/19(Tue) -
映画を見てきました。


ボーダーライン』です。


会員になってる某映画館から
「お前、前回ウチで見てから もう少しで半年経つけど、半年経ったらポイント失効すっかんな!?」
的なメールが来たのと、地元の映画館でやってなかったので、
仕方なくクジンシーまで出向く事に。

もうちょっと期限があれば「ガンダム・痔・オリジン3」まで粘れたのに。

まぁトリアーエズ、気になって見たかったので見ました『ボーダーライン』。


「アカデミー賞ノミネート」って「アカデミー賞 ○○賞受賞!」と違うんですよね?
まぁノミネートするのもスゴイ事なんでしょうけど。
高校野球で言えば「もう少しで甲子園行ける」的な位置でしょうか。


「アカデミー賞ノミネート」とか「アカデミー賞 ○○賞受賞」だからって
「=面白い」とは限らないワケで…。


えー……私は、面白いとは思いませんでした…、はい。

公式サイトに「圧倒的くおりてぃに絶賛の声!」って
各界の著名人の感想が載ってますけど…絶賛してる?
流石、表現に関係する人達なだけあって、面白かったなら「面白い」と書けばいいのに
明確にそれを避け絶妙な表現で肯定はしていないという…見事だ。
金貰ってるから否定は出来ないんでしょうけど。


主人公…?のケイトが、FBIの「人質即応チーム」のリーダーを
やってるとはとても思えない程 弱い(苦笑)
格闘的にも思慮的にもメンタル的にも。
ストーリー的にも、主人公(?)の癖に蚊帳の外。

主人公はアレハンドロなんじゃないの?
あと、アレハンドロが古谷一行に見えて仕方なかった(笑)


主人公や見てる側に、巻き込まれたんじゃなく、
特殊作戦に呼ばれた(志願した事になってるけど)にも関わらず
明確な作戦等の説明無しっていうのが一番嫌い。

「黙って見てればわかる」とかイラッとしますよね。


面白く感じなかったのか、メキシコギャングのグロ処刑の描写がお気に召さなかったのか、
途中で退席していった人が3人程いた。
あと何故かジジイが多く、頻繁にトイレに行く老人多し(苦笑)
字幕だから前を遮られると読めないっての!


アメリカとメキシコ間の国境を巡る
麻薬カルテルの撲滅作戦を描いた映画だと思ったらお間違いです。

主人公(?)のケイトも、基本「後ろにいろ」と言われ、スパロボで言う所の序盤
出撃数あるから出したけど戦わずじまいみたいな…NT-1アレックス(クリス)的位置(笑)
挙句、油断して持ってるライフルを撃たれ壊して、拳銃に持ち換えるハメになったり…
お前ホントにFBIの1チームのリーダーか?

あと、なんか要らない描写も多い。
ストーリーにも作戦にもあんま絡まない、FBIでのケイトの相棒の家族の描写とか…。


今、1800円払って見る程の価値は無いと思います。(当社比)
レンタル開始されて旧作50円になった時、興味あったら見るくらいで丁度いい。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2955-1a7b4ebf
| メイン |