- 2016/04/13(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『メガ・パイソンVSギガント・ゲイター』です。


タイトルを見るとわかると思いますが、完全にB級映画ですよね(笑)
わかってて借りたから良いんです☆

超巨大なアナコンダと超巨大なワニの死闘って感じのタイトルですが、
まぁ結局は「人間」vs「超巨大なアナコンダ軍団&超巨大なワニ軍団」って図式になります。

えー巨大生物系のB級映画は若干の誤差はあると思いますが、基本CGがショボイです(笑)
特にこの映画は、日曜朝の特撮レベルです。

でも食いちぎられた死体とかはリアルです、
その辺は技術が秀でてるアメリカなだけあります☆

ストーリーもヒドイです。
でもB級映画とわかって見ているので、酷くても笑えます♪


自然動物保護を訴える女性…誰だっけ?名前忘れた。A(仮)が、
ヘビを飼ってる家に泥棒に入り自然に帰すという活動をしていた。
もうこの時点でヒドイ。

逆に国立公園で保護官を務める女性テリーは、最近ワニが巨大ヘビに殺されて
ワニの生息数が減っている事に嘆き、ヘビ猟を解禁する…が、狩りのオッサン達と
一緒にヘビ狩りに出ていた婚約者が巨大ヘビに殺されてしまう。
怒ったテリーは、違法なステロイド等を鶏肉に仕込んでワニに食べさせ、ワニも巨大化させて
巨大ヘビに復讐しようと企む。…最低ですね(笑)

結局、どっちも超巨大化してしまった挙げ句、爬虫類研究の権威である博士の忠告も無視し
最終的に超巨大なアナコンダ軍団&超巨大なワニ軍団は国立公園から
市街に出て行ってしまうというw

どっちも自己中な女が招いた人災です(笑)

褒め所としては、こんな映画のクセに吹き替えアリで声優さんが豪華な所です。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2949-9bd54b9c
| メイン |