- 2016/03/04(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『サベージ・キラー』です。


楽○レンタルの紹介文を読まずに、パッケージ画像と吹き替えありだけで借りてしまったので
パッケージ画像見る限り
「DQNかキチ○イ系の殺人鬼達に、1人の女性が追い回される」系映画、かなー☆
大勢の男相手に女性1人でどう立ち回るのか?
『処刑島 みな殺しの女たち』風な?かな?かな?と思っていたら大間違いでした!
DVDのセットアップ画面も「ハンガー・ゲーム」っぽいポーズ取ってるし。

結婚式を控えた女性・ゾーイは、耳が不自由なのね。
母の形見の車を姉(?)からプレゼントされ、浮かれ気分で意気揚々と1人旅へ。
姉(?)から「国道だかメインストリートを外れちゃダメよ」と釘を刺されていたのに
ニューメキシコ辺りの人気のない道路をスマホしながら運転という。

そこで何だ神田あって、ギャングだかチンピラだか数人に拉致られ
有刺鉄線で四肢をベッドに大の字に拘束され輪姦されるという
「自業自得じゃね?」と、思わなくもない展開。

手首の肉がリアルに引き千切られる描写もありつつ何とか小屋から逃げ出すも
チンピラに見付かりナイフで後ろから刺され埋められる。

しばらくして、そこにインディアン風のおじいさんが通りかかり
手だけ地面から出ているゾーイを発見たまごっち☆
掘り出してゾーイを応急処置した後…。

「Xファイル」のシーズン幾つだったか忘れましたが、第1話でモルダーが
インディアンの儀式で意識を取り戻す回ありましたよね?
あんな感じの儀式をするおじいさん。…救急車呼ばないの?(笑)

しかし!ゾーイの魂が戻ってきます!過去の恨みを持ったインディアンの酋長の魂も一緒に☆

「大勢の男相手に女性1人でどう立ち回る?」系映画じゃありません。

過去の恨みを持ったインディアンの酋長の魂を憑依させたゾーイは
「自分」を殺したチンピラ共にリベンジをする事に!

楽○レンタルの紹介文を読まなかった事が幸いし、良い意味で裏切られました(笑)
ゾーイを殺したチンピラ共はそのインディアンの酋長を殺したヤツの末裔だっていうから
これまた因果応報☆

ゾンビ化したゾーイVSチンピラ共。
リベンジ・バイオレンスアクションとしてはなかなか面白いです。
ゾンビなので死なないし、インディアンの酋長をシャーマンキングしてるから強いし。
ゾーイ無双☆

でもまぁ… ゾーイさん死んでますからね…。
途中、ゾーイが送って来た画像を頼りに婚約者が助けに来ますけど…。

ハッピーエンドと言っていいものやら…。
でも面白いとは思いますので、機会があれば是非どうぞ☆









スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2909-e65b6f0f
| メイン |