- 2016/03/02(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『MONSTER モンスター』です。


楽○レンタルの紹介文。
『アメリカで起こった未解決事件「リジー・ボーデン事件」を
クリスティーナ・リッチ主演で描く犯罪スリラー。
1892年8月4日の白昼、資産家の名士・ボーデン家で連続殺人事件が発生。
容疑者として名指しされたのは、末娘のリジー・ボーデンだった…』

頑固で昔気質で厳しい資産家の父親と、継母が惨殺される事件が発生。
警察は末娘のリジー・ボーデンを容疑者として取り調べるが…。

舞台が1892年ですからねぇ。
惨殺事件ですけど、もしCSIがいたら、
事件発生直後に飛沫血痕の角度から犯人の身長を割り出して
即解決してるであろう素人計画な事件です(笑)
洗い流した体の返り血も、例のライトでルミノール反応テッカテカに光りそうですし。


マジで実際にあった事件を元にしてるんですか?
「この事件で犯人として逮捕された人物は1人もいない」との事ですけど、
アメリカって殺人に時効無いんでしょ?
 既に関係者が死亡しててもコールドケースみたいに調べて、
21世紀以降に真犯人とかわかってないんですかね?


あ、映画としては微妙でした。
どこに重点を置いて描かれてる映画なのかイマイチ。
犯人の狂気なのか、捜査なのか、裁判なのか。









スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2907-891273d0
| メイン |