- 2016/02/20(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『キリング・ゲーム』です。


以前、面白くてオススメしたのは、ロバート・デ・ニーロとジョン・トラボルタの
『キリングゲーム』ですよ。

こっちは『キリング・ゲーム』。真ん中に『・』。
「人間失格」と「人間・失格」的な(笑)

こっちは、いわゆる「深道ランキング」風な殺り合いです。
世界のどこかで行われている、1対1の殺人ゲーム「デス・ゲーム」。
ネット中継のみを介して、賭け試合を行っている悪の組織。

主人公デヴィッドは、消防士(趣味ラグビー)でスポーツマンな所を買われたのか、
ラグビーの試合の帰り、妊娠中の妻と共に交通事故に見せかけた事故に遭い
妻は死に、デヴィッドは組織に拉致される。

気付くと「デス・ゲーム」の組織の檻房の中。
デヴィッドは「デス・ゲーム」に参加しろ…っつーか、参加を強制させられる。
果たしてデヴィッドは生き残る事が出来るのかー!?

ラスト辺りからオチまでが、なかなか秀逸で良かったです。
『キリングゲーム』とは違う味で楽しめました。

続きがあっても良さげな終わり方でしたけど、続編は無いみたいなのでちょい残念。









スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2896-798ffe4f
| メイン |