- 2016/01/23(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『ブラインド・フィアー』です。


タイトル通りの映画です。はい。
戦場カメラマンだったサラは、戦場で自爆テロを受け失明してしまう。

3年後、N.Y.の高級ペントハウス最上階で恋人と暮らすサラ。
1人で買い物に行って帰ってきたサラは、
買い物行く前には居たハズの恋人がいない事に気付く。
「どこ行ったんだろう?」と思いつつ買って来た酒を冷蔵庫に入れるサラ。

真横には、刺殺された恋人の姿と血溜まりが。
目が見えないから気付いてない。
数分後、やっと血溜まりで滑って転んで、それらを触って彼氏が死んでいる事に気付くサラ。

血溜まりが出来るくらいの血って臭わないの?って思いました。
よく刑事ドラマ等で「血の臭いがする」とか言うし、
シグルイの伊良子も血の臭いとか嗅ぎ分けて状況を判断してたし。


閑話休題。
サラの外出中に、何者かが忍び込み彼氏を殺害しサラの様子を伺っていたのです。
実はサラの彼氏は資産家ではなく、
強盗で仲間の取り分も全部盗んで逃げていた悪党だったのです。
で、その盗まれた金品を取り返しにサラ達の自宅に押し入ったワケなんですね。

盲目のサラが、強盗殺人犯とどう戦うのかが見物でしたが
海外のドラマや映画って、日本のより技術が先を行ってると思ってたんですが
ビルの最上階のベランダから見えるNYシティが明らかに合成(^^;)
そっちの方に目が行っちゃうよ。

そして終盤「あたし目は見えないけど耳はいいのよ」という台詞があるのですが
じゃあこうなる前に、色々気付かなかったのか?とw

あとサラには妹(妊婦)がいて、その旦那が刑事なんですけど
この刑事という素晴らしい職業が布石となり
なにか後で、この旦那がイカした事してくれると考えていたのですが……。

幾つかのツッコミ所と、ショボイ合成背景のベランダのシーンに目を奪われなければ
まぁまぁの映画なのでは…?と。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2868-15d072da
| メイン |