- 2016/01/14(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。そーいや今年初?

月曜の日記に書いた、件のCDがもしレンタル可能になってた時
1枚だけじゃ速攻でレンタル出来無いと思い、適当なDVDを数枚レンタルリストの中に
入れていたのを痺れを切らせて借りてしまいましたとさ(笑)

そんなワケで見た映画は


『ヒストリー・オブ・バイオレンス』です。


最初は殺しと強盗をしながら車で旅を続ける男2人組の話かと思ったら
次は普通の平凡な4人家族の描写になったり、その家族の息子が学校でイジメに遭っていたり
全然話が掴めなかったのですが、最初の男2人組は引き金に過ぎなかった。

4人家族のお父さんはダイナーを経営しており、閉店間際 例の殺人犯2人組が入店してくる。
なんやかんやで、殺人犯2人組はいつもの調子で強盗殺人をしようとしたものの、
隙を突いたお父さんに逆襲され2人組は射殺される。

お父さん、一躍TVで街のヒーローとして報道される。

しかしこれが不運の始まり。
ある日、経営を再開し混雑したダイナーにギャングっぽい野郎3人組が現れる。
野郎3人組は「久しぶりだな」とか、お父さんの名前とは違う名前で呼んで来る。
お父さん、身に覚えがないので戸惑い気味。

その場は何事もなく去ったギャング3人組だったが、その後も度々
家族やダイナーの周りをつけ回すギャング達。

なんだ?別人と勘違いしてるのか?それとも、ホントにお父さんは昔ギャングで
身分も名前も変え、逃げていたのか?と、その謎な辺りまでは面白かったんですけどね。

後半は普通。
なんかもう少しヒネリが欲しかった感じ。






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2859-a86796ba
| メイン |