- 2015/12/16(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。

『折れた矢』

です。韓国映画。

楽○の紹介文。
『韓国で実際に起こった「クロスボウ事件」を映画化した法廷サスペンス。
大学入試問題の誤りを指摘したことで解雇されたキム教授。
裁判でも負けてしまった彼は、ボウガンで担当裁判官を脅し逮捕されてしまう』


韓国映画を見た後、何度か書いてますけど「韓国の警察ってマジであんなヒドいの?」
日本の戦後レベルの警察。
…と思っていたら裁判所もイカれた所だった。

2010年前後に起きた、実際の事件を元にした…って昔の話じゃないですよ21世紀ですよ。
警察以上に裁判官も相当アレなヤヴァさを醸し出してます。
子供の屁理屈並に、弁護士の要求を却下する判事。

ホラーとは違う恐ろしさを感じます。


でもって前に見た、実際に起きた事件を元にした韓国映画同様、
アレな形で終わります。

「え?この映画…前編?」って思う程。


ブラ○ルとかメキ○コとか東南アジアとかとは違う理由で、治安がヤヴァいぜ韓国。








スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2830-f4a75664
| メイン |