- 2015/12/08(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。

『388』

です。
結論から申しますと「つまんない」です。
料理にたとえるなら「もう少しの工夫と味付けで一端の料理になったであろう」映画です。
ペヤ○グのソース焼きそばの お湯捨てた後、ソースを入れずに食った様な感じです。


誰かが車の中からラジオを聴きながら、
ジェームズ夫婦の家(タイトルにもなってる388号室…号家?)を見張ってるシーンから始まります。
何者かが雇った探偵か?と思うと ちと違うみたい。

たまに聴こえてくるのはラジオかと思いきや、
そのジェームズ夫婦の家に仕掛けられた盗聴器から聞こえて来る夫婦の会話っぽい。
集音器なのか、そこらじゅうに盗聴器を仕掛けてあるのか、
夫婦が一緒にランニングに出て来るまでの会話全てが筒抜け。

隠し鍵が玄関の吊り植木鉢の中にあるのも撮られてるんですが、
もう既に何度も中に忍び込んだ感じ…じゃあ何故今更、鍵の場所を撮るか(笑)

で「デスノート」でLが月の部屋に仕掛けた盗撮&盗聴器並に、
各所各部屋 車内等々…至る所に仕掛けられてあります。

ある日妻は、夫婦喧嘩の翌日「しばらく出掛けます」的書き置きを残して行方不明に。
そしてかかってくる無言電話や、突然大音量でかかる音楽、
飼い猫が違うネコになっていたり…等々、不可解な事が続き。
ジェームズは疑心暗鬼になっていきます。

警察にも相談しますがマッポは「妻は書き置きを残してるし…ネコが入れ替わった?アホか」と
あまり真剣に相手にしてくれません。
「書き置きは妻の筆跡じゃないし、猫は飼い主の俺が言ってるんだ!違う猫なんだ!」と
食い下がりますが…。

遂には、妻の姉の家に押しかけ「お前の所にいるんだろう!妻を出せ!」と怒鳴ったり。
学生時代いじめていた奴が犯人だと思い込んで会いに行ったりと
ジェームズは段々おかしくなっていきます。


物語は、ほとんど犯人視点…っつーか、盗撮カメラ視点で進みます。
犯人は誰なのか!?どうしてこんな事をするのか!?
中盤くらいまでは、そう思い引き込まれますが…。


最後まで見ると「お前−!そんなオチで良いと思って作ったのかー!?」
ふざけんなって感じの映画です。

是非、見て下さい☆(←え!?)








スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2822-2453e948
| メイン |