- 2015/12/07(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。

『エンド・オブ・アメリカ』

です。字幕のみ。

楽○の紹介文。
『アメリカの運命を懸け、暗躍する国際テロリストと闘う特別捜査官の姿を描くアクション。
大量の放射性物質がテロリストに盗まれる事件が発生。
核物質探知局の捜査官・トムたちは彼らの標的がアメリカの大都市であることを掴むが…』


安い制作費で「『24 -TWENTY FOUR-』っぽい映画を作れ」と言われて
作らされた様な(あくまで様な)映画です。

特別捜査官なのに尾行が下手です→車での尾行が即バレ→敵は廃屋へ車を置いて逃走
→敵が置いていった車を調べようとする特別捜査官→そこへ逃げたハズの敵が撃ってくる
→実は車には証拠隠滅の為に時限爆弾が仕掛けられてるんです。

爆発するまで敵さんも撃てばいいのに、敵さんその前にトンズラ。
そのお陰で特別捜査官は時限爆弾に気付き逃げる事が出来ます。
車が爆発するシーンは、廃屋の壁の向こうから爆風と粉塵のみ。
低予算?


特別捜査官なのに、リュックを背負う時にスマホをリュックから落とします、
特別捜査官なのにそれに気付きません。
特別捜査官が、へっぴり腰で銃を構えます。
敵の女戦闘員が、へっぴり腰でクナイ風のナイフを投げます。

死亡フラグが立ちまくった野郎が、普通に死にます。

見所はそれくらいですかね。







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2821-6a06a327
| メイン |