- 2015/12/02(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。

『スリーパーズ』

です。DVD版が貸し出し中だったのでBD版ですが。
BD版だったのに、吹き替え無しなのは初めてだぜ☆
個人的に「DVD版は字幕のみでもBD版には吹き替え入ってる」と思い込んでいたので。

で、この映画の感想。


面白かった!!!



『タブロイド』の時に書きましたが、字幕でも全く苦にならない
引き込まれるような面白さでした!!約2時間半引き込まれっぱでした。

『スタンド・バイ・ミー』マンハッタン版?違う。
ヘルズ・キッチンと呼ばれる貧民街で育ったズッコケ4人組+1名女の子。
教会に通いつつも、イラズラや泥棒は欠かさないマイケル、シェイクス、ジョン、トミー。

劇中でも言ってますが「スリーパーズ」ってのは
少年院に入った事のある奴等の事を指す隠語らしいです。


ある夏、ズッコケ4人組は屋台のホットドッグ売りのおじさんをイタズラ半分でからかう事にする。
…実際、この映画を見て欲しいのですが「色々あって」

ホットドッグの屋台は、地下鉄の階段を転がり落ち、
そこへ偶然通りがかった男性もろとも壁へグッシャリ☆
屋台はコナゴナ、男性は命は取り留めたものの大重体。

そんなバカをやらかしたズッコケ4人組は12歳で少年院にブチこまれる事に。
結果ブチこまれた上にブチこまれるんですが(笑)
 少年淫…もとい、少年院には全世界共通の看守が居るようで、
ズッコケ4人組は冷酷で残酷な看守達に、色々な暴力を振るわれます。何度も何度も。
エロ同人みたいに。


出所して数年後、ズッコケ4人組は大人になり
内ジョンとトミーはギャングに、シェイクスは新聞記者に、
1人はブラッド・ピットに…もとい、マイケルは地方検事だったかな?

ジョンとトミーはある晩、運命的にバー(レストラン?)で、あの看守と再会する。
看守の方は、2人が自分のバーをブチ込んだ子供達だとは気付いてない。
ジョンとトミーは、自分達が誰だか思い出させた後、看守を射殺してしまう。

勿論ジョンとトミーは逮捕、起訴されるのですが、マイケルとシェイクスはこの裁判を利用し
ジョンとトミーは無罪は勿論の事、
あの少年院の実態を白日の下へ、そして看守達への復讐を計画する。


この映画に出て来る人物達なが皆、色んな意味で魅力的。
キング・ベニーは、数々の映画でいろんなギャングのボスを見てきましたけど
一番魅力的なギャングだったなぁ。

マイケルとシェイクスの計画は成功するのか?
最後まで目が離せなかった映画です。
見て損無し!






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2816-e5330365
| メイン |