- 2015/11/28(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。

『タブロイド』

です。
「個人的 鬱エンドやロクでもないオチ映画特集」第6弾(笑)


糞つまんなかったです。
糞を塗りたくる映画だけに。


エクアドルの連続殺人鬼“モンスター”を追うTVレポーターのお話。
クリミナルマインドっぽく殺人鬼に迫って行くのかと思いきや…。

吹き替え無しの字幕映画って、字幕でも食い入る様に見られる映画と
字幕がキツいと思う映画で分かれますよね(苦笑)
面白ければ字幕だろうと気にならない。


ところで気になった所は、火傷や傷がある体に、ウ○コ塗りたくって大丈夫なん?

あ、なんでさっきからウ○コ ウ○コ言ってるかと申しますと、劇中
エクアドルの風習か世界的なモノか知りませんが

「刑務所内で命を狙われてる囚人が自分の身を守る為に、
全裸になって自分の体中にウ○コを塗りたくる作戦」があるそうなんですよ。
流石にウ○コまみれの奴に近付こうとはしないだろ?的心理を利用した。

劇中でもTVレポーターが「噂には聞いていたが本当にあるとは…」って言ってたから
希な防御ケースなのかな?かな?







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2812-62a54b3e
| メイン |