- 2015/11/24(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。

『ジェサベル』

です。DVD版が貸し出し中だったのでBD版ですが。
「個人的 鬱エンドやロクでもないオチ映画特集」第4弾(笑)


楽○の紹介文。
『「ソウ」「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」シリーズの
スタッフが集結したホラー』

結果から言うと、つまんなかったです☆
恐怖シーンだけ音量大きくなるのはBDの仕様?

初っぱな、これから彼との新婚生活に向かって新居に引っ越しをしようと車を出した直後
車が側面衝突してきて、彼は死。
主人公のジェサベルも、一命を取り留めるモノのお腹の赤ん坊は死、
自身も車椅子の身となってしまう。

『失意の中、父が暮らす家に戻った彼女は、亡き母からのビデオレターを発見するが…』

ビデオレターを再生すると母が映っており
「貴女がこれを見ていると言う事は私はこの世に…」とド定番の台詞に始まり
「私、タロット占いが得意なのよ。未来の貴女の事占ってあげる」と言い出し…。
ロクでもない占い結果が☆

これを機に、ジェサベルの身に次々と不可解な事が起こり始める。
あれです「主人公にしか見えない系」の心霊現象です。
霊に襲われ、車椅子を押され「助けて−」と叫ぶんですが、端から見ると
自分で車椅子を漕ぎながら叫んでいるというギャグにしか見えない(笑)

なんで霊はジェサベルを遅うのか?父親も何かを隠している様子ですし。

でもまぁ、他の逆恨み系のオバケ映画と似たり寄ったりです。
オチも「あっそ」くらいしか言う事なかったですし。








スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2808-9aaf36c8
| メイン |