- 2015/08/12(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『悪の法則』です。


楽○の紹介文。
「巨匠、リドリー・スコット監督が『ノーカントリー』の原作者、
コーマック・マッカーシー初のオリジナル脚本を映画化したクライムサスペンス。
若く有能な弁護士が、ほんの出来心から逃れようのない
巨大な悪の罠に呑み込まれていく様を描く。R15+」

なんかよくわからない映画でした。
誰と誰が組んでて、誰と誰が敵なのか、よーわからないまま終始してしまった。
なんか淡々と物語が進んで、終わってた。

主人公があの弁護士で、ろくな目に遭わない事だけはわかった。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2704-0f58cf2a
| メイン |