- 2015/08/07(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。バイオレンス映画5連発☆

『アメリカン・ヒストリーX』です。

楽○紹介文。
「父が黒人に殺されたことをきっかけに白人至上主義の活動にのめり込み、
極右組織ネオナチのメンバーとなった兄弟に、想像を絶する事件が降り懸かる。
アメリカが抱える人種差別問題を背景に、
純粋で傷つきやすい繊細な心が侵されていく過程を描く」

白人至上主義で地域のボス的存在だった兄がパクられてから3年後。
刑務所から出所してきた兄はスッカリ平等主義者になっていて、
兄を敬愛していた実弟は戸惑う。


何故、兄が刑務所にいる間、平等主義者になったのか。
それによって俺らのボスがシャバに帰ってきたと、
昔の仲間も喜んでいたがその変わりっぷりに戸惑う。

兄の変わった経緯と、弟の生活の変化が描かれてます。
兄弟の片方に、ものすごい死亡フラグが立ってるんですが…ラストは逆な方が…。


何と言うか…切ないと言うか…とってもやるせない映画でした。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2699-c5d4e1ce
| メイン |