- 2015/07/28(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。

『ミッション:15』です。

面白さ的にはまぁまぁって所ですかね。
「気が付くと密室に閉じ込められていた」系の亜種って所です。
閉じ込められるのがエレベータですから。
あと、どう脱出するか?ではなく…。


PTSDを煩った米軍兵士達専門の米軍の医療施設。
そこでカウンセリングを受け、帰宅しようとエレベータに乗った3人の帰還兵。
一番階級は高い女性大尉、皮肉屋で暴言ばかりの無礼な軍曹、一応良識ありそうな上等兵。

で、この3人が乗ったエレベータが下ってる途中、ガクンと止まってしまうんですよ、
非常ボタン押しても音沙汰無し、やっと通じたと思ったらオペレータが支離滅裂。
スマホで電話をしても通じない。
でもスマホでラジオ(TV?)は傍受出来た。

近くでテロが起こって、核爆発があり、市民は大パニックで避難命令が出ているって
言うじゃあーりませんか!?
どうしよう!?と、閉じ込められた3兵士。


映画の雰囲気から想像出来ますが、なんかおかしい。
実はコレはドッキリっつーか、
PTSDを治す新薬と研究の為のドッキリ(?)だったと中盤で明かされます。
テロも核爆発もウソ、2人の研究者によって3人のやり取りが全て監視されていたというワケです。

そして途中で、アクシデントがあった場合このミッションの中止が義務づけられているのですが
新薬の効果とその先の展開を見たいが為に、アクシデントがあってもそのまま続行する博士。
片方の研究者(中尉?)は、ミッションの中止を促しますが、途中退場。


3人は無事生きて脱出出来るのか?
ドッキリを仕掛けていた側はどうなるのか?結構気になります。
皮肉屋で暴言ばかりの無礼な軍曹が新薬のせいもあって、
かなりムカつくキャラになってるのがアレですが(笑)


そーいや、前もここで書いた気がしますがエレベータを吊ってるロープが切れて
一気に最下階に落ちて行ったとしても、空気鉄炮の発射口を抑える理論で
空気がクッションになりエレベータは地面に一気に直撃はしない、と聞いた事あるんですが
ドラマや映画だとエレベータが最下階に落ちると十中八九ドカンと行ってますよね。

マジでどうなんだろう?






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://egoistclub.blog107.fc2.com/tb.php/2689-21220c41
| メイン |